太陽の光を利用した発電を監視する装置とは

太陽光発電では、光エネルギーを電気エネルギーに変えることで電気を得るものです。発電された電気は家庭用では家庭で消費されたりしますし、余った電気は電力会社に買取ってもらうことができます。また産業用の場合には売電が主な目的で継続的に電気を発電し続けることで投資した資金を回収することができます。一方で投資した資金を効率よく回収するためやシステムそのものに異常が発生していないかを知るためには監視装置を導入する必要があります。これらは発生している電気の量を監視し低下した場合に自動で通報されるもので、これによって異常を早期に発見することができ対策をいち早くとることが可能になります。特に投資した資金を効率よく回収するさいには、早期に対応できるかが大きなポイントなり、監視装置の導入はメリットが大きいものといえます。

太陽光発電のメリットと導入時の注意点

太陽光発電は、太陽電池パネルが光エネルギーを直接電気エネルギーにすることで発電を行う方式です。再生可能エネルギーに分類され太陽光さえあれば発電し続けることができ、また他の発電方法と異なり動的な作動がなく静的な作動で電気を発電し続けるのが最大の特徴です。一方で、太陽光発電では、元となる太陽光がなければ利用できません。このため太陽光がより当たりやすい場所に設置されます。また静的で騒音などがないといっても周囲に建物があると影になったり、また太陽電池パネルの反射によって住環境を阻害することもあり屋根に設置されたり、産業用では住宅が密集しないような場所に設置される傾向にあります。このような遠隔地に設置した場合には、発電効率を監視するための装置を導入する必要があります。

監視装置を利用する意義とメリット

監視装置を利用する理由は、発電量を監視することで太陽光発電システムが効率よく稼動しているかどうかを判断することができ、かつ問題が発生すれば、すぐに対応することができます。予測されるトラブルとしては、システム全体の故障がありますし、電力ケーブルは銅が使われており盗難に遭うリスクもあります。これらは電力量を監視していればすぐに分かるため即座に対応できます。また長期間に亘って屋外に設置されるため、風雨や鳥の糞によって太陽電池パネルが汚れることでも発電効率が落ちることになりますし樹木の成長などによっても同様です。これらは電力量を監視することで過去の発電量と比較し、効率が低下した原因を突き止め、対策をとることが可能になります。また監視装置は運用中のシステムに後付からでも設置することができます。

solamameは、各所にある太陽光発電所をweb上で一括管理! フィールドロジックでは、お客様のご要望に合わせてさまざまなデザインやオリジナルコンテンツをご提案しております。 導入後によるトラブルもスタッフがご対応させていただきます。 cromameは、太陽光発電所をweb上できめ細やかに集中監視するサービスです。 太陽の光で発電したものを監視し装置致します